シミ予備軍や隠れシミの対策!今からできる隠れシミを消す方法

2021年7月20日

お肌の奥に隠れているシミ予備軍や隠れシミ・・・できてしまう前に消す方法や対策を伝授!地道にケアすることで将来できてしまうシミを予防することができます。

まだ肌の表面にはあらわれていないメラニン色素もエステや美容皮膚科などにあるロボスキンアナライザーで顔を撮影すると、肌の奥で色素沈着を起こしているシミ予備軍として浮かび上がってきます。

20代でもロボスキンアナライザーで撮影すると、思わず目を背けたくなるほど隠れシミがびっしり!なんてことも珍しくありません。

実はきれいに見えるお肌でも、全ての方の顔には隠れシミがあると思ってください。

まだ見えていないからとそのまま隠れシミを放置して年齢を重ねていくと、ジワジワと肌の表面にあらわれてしまうので、まだ隠れているうちにしっかりとシミ対策を続けましょう。

隠れているシミ予備軍対策には、「還元作用」で黒色メラニンを薄くして無色の状態に戻す成分として知られているビタミンCをお肌に浸透させるケアがおすすめ!

特に浸透力に優れている高濃度ビタミンCやビタミンC誘導体が入った美容液などでコツコツと毎日積極的にケアしていくだけで後々大きく差ができるでしょう。

例えば、浸透力で定評のある、口コミでも人気の高いビーグレンというスキンケアブランドのビタミンC美容液お肌への浸透力で定評があります。

シミ対策のセットのトライアルにビタミンC美容液が入っているので気になる方はぜひ試してみてください。

全部使って試してみたあとでも、気に入らなければ返金してくれます!安心してお試しできるのも人気のひとつです!

>>頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen

隠れシミができてしまうしくみ

シミのもとになるメラニン色素は角質層よりも深いところにある基底層にあるメラノサイトでつくられます。

そしてターンオーバーで少しずつ角質層まで押し上げられ、最後は古い皮膚と一緒にはがれて排出されます。

角質層より下にあるシミは見た目ではわからないため隠れシミと呼ばれています。急にシミができたと感じるのは、実は過去のダメージで出来た隠れシミが角質層まで上がってきたということなのです。

ターンオーバーで角質層が剥がれ落ちて肌の生まれ変わりが上手くいっている時はメラニン色素の排出もスムーズですが、加齢やストレス、偏った食事などでターンオーバーが乱れるとメラニン色素の排出が滞り肌の奥まで居座ったメラニン色素がシミになります。

シミの原因になりやすいお肌のダメージを知って対策しよう

  • 紫外線を浴びてしまうことによるダメージ
  • ニキビや化粧品かぶれなどの炎症によるダメージ
  • 洗顔や入浴時のゴシゴシ洗いによるダメージ

シミというと紫外線によるダメージが真っ先に思い浮かびますが、肌荒れや間違ったスキンケアによる刺激もシミを作る原因になってしまいます。

肌ダメージでメラニンができるプロセスは、まず紫外線や炎症などによって肌がダメージを受けるとお肌の奥で活性酸素が発生します。すると、メラノサイトというメラニンを作り出す細胞が活発に反応しメラニン色素が作られて表皮に放出されます。

メラニン色素が作られるのは外部刺激からDNAの破壊や病気を防ぐために私たちの体を守る役割があるからです。

メラニン色素が作られることについては、美容面では歓迎されることはありませんが、隠れシミがあるということは健康面では体の機能が十分働いているといえるでしょう。

隠れシミを消すためお手入れ方法

隠れシミを消すには、隠れシミが肌の表面にあらわれる前に、すでに酸化してしまったメラニン色素を還元することと同時に新たなメラニンの生成を阻害する対策をすることを同時に行うのが効果的で大切なポイントです!

メラニン色素の生成を阻害しシミ予防となる成分の入った基礎化粧品で毎日ケア

メラニン色素を作り出すことに関わっているエンドセリンという成分やチロシナーゼという酵素の働きを抑えることができる成分でケアすることで、隠れシミ予防ができます。

エンドセリンの働きを抑える美白成分

  • カモミラET
  • トラネキサム酸
  • t-MACHA

などなど。

チロシナーゼの働きを抑える美白成分

  • アルブチン
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス

などなど。

メラニン色素を白くする美白成分

黒くなってしまったメラニン色素を還元して無色化してくれる成分としてビタミンCが有名です。

ビタミンCは高い抗酸化作用を持つことでメラニン色素を還元し黒くなったメラニンを淡色化(薄くする効果)してくれます。

出来てしまった隠れシミはビタミンCが持つ還元作用でメラニンの無色化をサポートしてくるのです。

隠れしみの予防と出来てしまったメラニン色素の対策の両方で効果を発揮するのがビタミンCです!

特におすすめのビタミンC美容液がコレ!!

ビーグレンのビタミンC美容液Cセラム

ビーグレンのCセラムというビタミンC美容液です。

◎ビタミンCの浸透力がとにかくすごい!
>>ビーグレンの高濃度ビタミンC美容液 Cセラム

隠れシミを防ぐために毎日のスキンケアで注意すること


洗顔や入浴の際、ゴシゴシ洗いは避けてやさしく行うことがポイントです。強くこすると肌を守ろうとしてメラニン色素が過剰に作られてしまう心配があります。

化粧水をつける時のパッティングやリンパマッサージのこすり過ぎにも気をつけましょう。

ターンオーバーを促すためにピーリングを行う場合も注意が必要です。

ゴマージュタイプのピーリング剤はこする時に肌への刺激になることがあり、知らず知らずのうちにメラニン色素を増やしてしまう可能性があります。

にきびや肌荒れの炎症が沈着してしまうのも、肌の防御反応が関係しています。肌に合った化粧品を選び、保湿ケアやバリア機能を高めるケアを意識することも大きなポイントです。