美白化粧品でシミが濃くなるのは本当!【理由を解説】本当にシミを消す美白化粧品を知りたい人はこちら!

2021年8月13日

シミを消したくて美白化粧品を使いだしたのに、なぜかシミが余計に目立つようになってしまった・・・・もしかしてシミが濃くなった!?

そんな経験を実際にしたり、化粧品の口コミで見たことがあるかもしれません。シミを薄くしているつもりが、濃くなってしまったら本末転倒ですよね。

なぜ、美白化粧品を使うことで、シミが濃くなったり目立つようになってしまうのか?理由を解説していきますね。

美白化粧品を使ってシミが濃くなってくる2つの理由

美白化粧品でシミのケアを始めて、なんだか濃くなってきた?と感じる人も実は少なくありません。それには2つの理由が考えられます。

どちらか1つ、または両方とも影響してシミが濃くなってきている場合があります。

1、顔全体のトーンが明るくなってシミが目立つようになる

美白化粧品で毎日ケアをしていくことで、お肌全体のトーンが明るくなってきます。すると、それまでは目立たなかったシミが際立つようになったり、今まであったシミが濃くなったように感じて目立つようになります。

これは、シミが濃くなったのではなく、シミ以外の部分が美白ケアで明るくなったことによる錯覚です。

例えば、色黒のお肌の方はシミがあっても目立ちませんが、色白の方の場合はほんの少しのシミでも目立ってしまうのと同じ原理です。

2、肌の奥にあったシミが肌の表面に現れてくる

美白化粧品でケアし、保湿もしっかりしていくとお肌のターンオーバーが促され、古い角質と一緒にお肌の表面にあったメラニンも剥がれ落ちていきます。すると、肌の奥に隠れていたいわゆる「隠れシミ」がどんどんお肌の表面にでてきてしまうのです。

この隠れシミはもともとお肌の中にあったものですから、美白化粧品によって増えてしまったわけではありませんの心配は無用です。

美白化粧品によってシミが濃くなってきたと感じるのは、どちらも美白スキンケアの効果が表れ始めている証拠でもあるので、シミが濃くなった!と悲観してケアをやめることなくそのまま継続してください。

美白化粧品のメラニン生成を抑える働きが効き始めてくれば、隠れシミも徐々に減ってきますので、新たなシミが出現することも少なくなってきます。

このようなシミが濃くなったり増えたと感じるのは、メラニンの生成を抑えるいわゆる予防美白タイプの美白化粧品を使うとよく起こります。逆に言うと今ある黒や茶色のシミに対してはほとんど効果を発揮しないからです。

美白成分を選ぶポイント

肌のトーンアップではなくシミそのものを消すためには、今あるシミやすでに黒色メラニンになってしまっている隠れているシミに対して直接ケアできる美白成分を使うことで、シミが濃くなることを避けることができます。

医薬部外品と表示のある美白スキンケアは予防しかできない!

美白化粧品の多くは、医薬部外品薬用美白化粧品というような表示がされています。

いかにも美白に効きそうな表示ですが、実は厚生労働省で認められた予防美白成分(メラニンの生成を抑える働き)しか配合できないのです。

シミを予防したり、メラニン色素が増えないように予防する効果しか発揮できないので、今あるできてしまったシミに対しては効果が弱いのです。

本気で今あるシミを消すためには、シミを消す成分を配合した美白ケアが必要になってきます。

本当にシミを消すために必要な成分を配合した美白化粧品

今あるシミに直接作用して、スキンケア効果を発揮する切り札的な成分が「ハイドロキノン」です。

ハイドロキノンは皮膚科で処方してもらえるシミを消す治療に使われるクリームに入っている成分で、昔は化粧品への配合はできなかったのですが、現在は配合できるようになっています。

ハイドロキノンは「シミの漂白剤」などと呼ばれている成分で、予防美白成分と併用することで今あるシミにも隠れシミを予防することも可能になります。

シミ対策といえば、ハイドロキノンが最強ですね。

ハイドロキノンクリームの中でも、特におすすめなのがビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9です。

QuSomeホワイト2.0

ビーグレンのQuSomeホワイト2.0がおすすめな理由の一つに、ハイドロキノン濃度の薄さが挙げられます。

非常に低濃度でお肌への刺激を極限にまで抑えているのに、独自の浸透技術で確実にお肌の中の悩みの部分にアプローチすることができます。また、全部使ってしまっても返品・返金してくれる365日返金保証サービスがあることもおすすめの理由の一つです。

使い切るまで試してから判断してもいいっていうのはうれしいですね!

初めて使うブランド、アイテムの場合やはりお肌との相性や使い心地の好みが合うかどうかはとっても大切ですよね。ビーグレンなら、実際にじっくり使ってそれを判断できるのでおすすめしています。

ビーグレンのQuSomeホワイト2.0を使う際は、ビタミンC美容液「Cセラム」も併用するのがおすすめです。ビタミンCは、メラニンの生成を抑える予防美白についても優れています。

シミに対して、攻めと守りの両方の効果を引き出す成分でケアすることで、より早く確実にシミ対策ができます。

ビーグレンには肌悩み別にラインナップされたトライアルセットが用意されています。

もちろんシミ対策用のセットもあります。

ホワイトケアセット

このホワイトケアセットには、のQuSomeホワイト2.0はもちろん、ビタミンC美容液「Cセラム」もちゃんと入っています。

今まで美白化粧品でケアしたことのない人はもちろん、どのブランドの美白化粧品を使っても効果を感じられなかった人はビーグレンのホワイトケアセットをぜひ試してみてください。

◎365日返金保証のトライアルセット今すぐ購入する!

>>頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen